ETFを研究しよう

ETFを研究しよう

たとえば日経平均指数に投資したいと思ったときに、何に投資するかというのはパフォーマンスに大きく影響すると思います。

 

現物株式が好きだからと言って日経平均指数と同じ割合で現物株式を購入するのは現実的ではありません。1単位でも数十億円の資金が必要になります。

 

では、先物・オプションはどうでしょう。日経225ミニなら数万円の証拠金で投資できます。しかし、レバレッジか利いているので実際にはミニでも日経平均の100倍の取引を行っています。意図しない方向に数パーセント動いただけで証拠金はゼロになり、追加の保証金(追証)が必要になります。もちろん自分でしっかり管理できていればいいのですが・・・

 

投資信託という方法もあります。希望者がお金を出し合って、現物を買う。その権利を売買しているようなものなので、現物株式を持っているのに感覚的には近いかもしれません。多くの場合は2万円以下で、積立なら千円から可能な証券会社が多いと思います。ほぼ現物ですので、想定外の方向に大きく動いても、評価額が変わるだけで追加で何かを請求されることはありません。でも、投資信託だと取引できるのは一日一度の設定されて時間だけです。また、指値の注文もできません。そして信用取引もできないために、「売り」から入ることもできません。

 

そこでETF(上場投資信託)です。その名の通り、証券市場に上場している投資信託です。現物株式が取引できる証券会社で個別株式と同じように取引できます。指値注文も信用取引も「売り」から入ることも可能です。日経平均に限らず、国内外の指数、業種、コモディティ等に投資する数多くのETFが上場されています。

 

一度検討してみてはいかがでしょうか?