はじめての方の株式投資

はじめての方の株式投資

株式投資は、預貯金と比べると、リスクが存在します。
預貯金のように元本保証はありません。
株が大暴落する可能性や企業が倒産して株価が0円になってしまう可能性もあります。
しかし、預貯金だけの場合、インフレ時の物価上昇に預金金利が追い付きません。
また、実質的に損をすることになります。
特に景気が良い時代は、物価の上昇以上に株価が上昇する傾向があります。
インフレ対策だけでなく、大きな収益を得られるチャンスです。
また、経済事情によって人それぞれ株式投資への投資額は違います。
余裕な資金で行なうことが一番いいです。
生活に必要な資金を株式投資にまわすのは、とてもリスクがあります。
株の購入に関して、株価が500円だからといい500円で購入出来るわけではありません。
単元株制度といい、取引が出来る単位が各銘柄によって定められています。
多くの銘柄は、100株か1000株単位で売買することが可能です。
単元株数100の株を株価500円で購入する場合は、最低でも5万円が必要となる計算になります。
株の取引に関わる手数料ですが、証券会社によって違います。
各証券会社のサイトで、しっかり確認してください。

株を買うときだけではなく、売るときにも手数料はかかります。
これは、重要なポイントです。
1日で頻繁にトレードする予定の場合は、1日定額コースがある会社を選ぶことをおススメします。
また、ツールや提供される情報などが各証券会社によって違います。
社のサイト等を用いてチェックしてください。