株式投資に関する取引手法について

株式投資に関する取引手法について

投資を行う上で大切なことは、より少ないリスクでより多くのリターンを得ることです。
これが、基本となります。
様々な方法が存在しています。
その中でも短期トレードと呼ばれる3つの手法を紹介します。
短期トレードの特徴は、テクニカルを重視するということです。
まずは、デイトレードです。
これは、1日で売買を完結させる手法になります。
予想していないニュース等で、翌日に持ち越した株の値下がりを心配せずに済みます。
次に、スキャルピングです。
これは、短期トレードの中でも最も短い手法です。
数分間、時には数秒間といった時間内で、1回の売買が簡潔します。
少ない値幅でもいいのでコツコツと利益を重ねます。
それを何度も繰り返すことで、大きな収益へと増やしていく手法になります。
次に、スイングです。
これは、数日間から数週間保有して、値幅をとる手法になります。
連日上昇する銘柄もあります。これにより大きく稼ぐことができます。

しかし、保有する期間が長い場合、取引時間外のリスクも大きくなります。
次に長期保有で成功した人を紹介します。
長期トレードの特徴は、短期トレードと比べると、企業の業績を重視しています。
パフェットの投資基準について。
優れた企業の株を長期にわたって保有したいという方の参考になるのがウォーレン・バフェットです。
ウォーレン・パフェットは、次のような投資基準を持っています。
事業の内容が理解出来ること。長期的に業績が良さそうであること。
経営者に能力があること。魅力的な株価であること。
これらを踏まえることで長期トレードのヒントになる可能性があります。