株式投資の銘柄の選び方

株式投資の銘柄の選び方

株式投資を行う上で口座を開設し資金を入金した場合、どの企業の株を買うか選びます。
株価の値上がりを重視するのか、或いは配当金を重視するのかによって選び方が変わります。
値上がりする銘柄は、簡単に分かりません。
銘柄の基本情報は、理解しておくことをオススメします。
まずは、PERとPBRについてです。
PERは、株価収益率のことをいいます。
PBRは、株価純資産倍率のことをいいます。
これらは、今の株価が割安なのか、あるいは割高なのかを判断する際にわかりやすい指標になります。
PERは、1株あたりの利益に対して何倍まで買われているか、PBRは、1株あたりの資産に対して何倍まで買われているのか数字を見れば分かります。
これにより、100倍などは割高、0.1倍などは割安という判断をすることができます。
これらは、あくまでひとつの指標です。
同業他社の企業と比べるなどの参考にする程度が良いです。
次に、証券会社の銘柄分析を利用します。
証券会社によっては、アナリストが銘柄の分析をしているところが存在します。
企業の株が割安なのか、リスクの大小、企業の成長や収益性、安全性などを対象に銘柄分析をしています。
口座開設の証券会社を選ぶ際は、銘柄分析やアナリスト予測がある会社を選ぶことで銘柄選びの参考にすることができます。

次に、配当利回りについてです。
中長期トレードを考えている人は、気になるのが配当金になります。
権利確定日に企業の株を保有しておくことで配当金がもらえる場合があります。
各銘柄の基本情報に、前回の配当金と配当利回り、権利確定日が表示されています。
それらの情報を参考にし購入を検討することをおススメします。